スノーボードアルペン競技の説明

 

スノーボードのアルペン競技(ゲート滑走)の説明です。

アルペン競技とは言いますが、アルペンボード(レース用の板)だけでなくフリースタイルボード(一般向けの板)でも参加OKです。

スキーのアルペン競技とは見た目であまり大差がありませんが、スノーボードには2人同時スタートのパラレル種目もあります(オリンピック公式種目)。

またコース設営においては、アルペンスキーよりも旗門を左右ワイドに広げる傾向にあります(オープンゲート、スノーボードのカービング特性を生かすため)。

 

 

シングルレース写真 photo by single race
(Photo By Gokatsu 滑撮屋)

 

 

シングルレース写真 photo by single race
(Photo By Gokatsu 滑撮屋)

 

 

<スノーボードアルペン競技、各種目別ルール説明>(Snowboarding Alpine events, explanation of the rule of each competition)

 

1)ジャイアントスラローム(大回転)

2本の合計タイムを競うタイムレース

コースの距離、600m~1000m程度

インターバル(旗門間隔)25~30m程度

1本あたりの滑走時間は40秒~60秒程度

良いタイムを出すには地形攻略とコース攻略が鍵となり、戦術を熟考する必要があります。

 

2)スラローム(回転)

2本の合計タイムを争うタイムレース、最近は下記のパラレル競技のほうが多い

コースの距離、400~500m程度

インターバル(旗門間隔)12~15m程度

1本あたりの滑走時間は30秒~40秒程度

スノーボードのアルペン競技はスキーのアルペン競技よりも雪面が更に深く掘れ、特にスラロームは更に掘れるので、掘れのラインに合わせた滑りが必要になります。掘れのバンクに合わせた滑りも時には必要です。

 

3)パラレルジャイアントスラローム

2人同時スタートで競うジャイアントスラローム

タイムレースのGSよりは若干インターバル(旗門間隔)が狭い(20~25m程度)

予選は2本の合計タイムを争い、決勝は予選の上位8~16名で競う

決勝はトーナメントによる勝ち上がり、K.O.方式

決勝は対戦相手との一騎打ち、左右交互のコースを滑り、速かったほうが勝ち上がる

トーナメントを勝ち上がり、優勝する場合、1日最大10本レースをしなければならない場合もあります。

 

4)パラレルスラローム

Dual Slalomとも言う

上記のパラレルGSのスラローム版

最近は、フリースタイルボードのみの大会や、カテゴリーがあり、いろんなレベル層の方々にもアルペン競技(ゲート)を楽しんでもらおうといった風潮もあります。

スクールなどで募集されているゲート練習会にも、もちろんフリースタイルボードでの参加がOKです。

 

 

Explanation of Snowboarding Alpine events

It is called the “Alpine” events, but we can participate with the freestyle board.

It is the explanation of Alpine events (gate run) of the snowboarding.

It is called the Alpine events, but not only the Alpen board (board for races) but also the freestyle board (board for public) can participate.

There are not many changes by the Alpine events of the ski, but the snowboard has a parallel competition of the start of two at the same time (Olympics formula competition).

In addition, it is the course construction, It tends to open a gate than a ski wide (To make use of carving properties of the snowboarding).

Snowboarding Alpine events, explanation of the rule of each competition

 

1) GS (Giant Slalom)

We compete for two total time in the race

Distance of the course, around 600m – 1,000m

It is around 25-30m in gate interval

One run time is degree for from 40 to 60 (second)

To obtain good time, the capture of the topography and the course become the key, and it is necessary for us to consider over the tactics.

 

2)SL (Slalom)

We compete for two total time in the race, and there are more following parallel competitions recently.

Distance of the course, around 400m – 500m

It is around 12-15m in gate interval

One run time is degree for from 30 to 40 (second)

The Alpine events of the snowboarding can dig more deeply the surface of the snow than the Alpine events of the ski. In the case of Slalom in particular, the surface of the snow is made to dig more. Therefore, the run in conformity to the dig’s line is necessary, and tthe run in conformity to the dig’s bank is sometimes necessary, too.

 

3)PGS (Parallel Giant Slalom)

The giant slalom that run side by side at two same start, and competes.

Gate space is small slightly from GS (around 20-25m).

The qualifier competes for two total time. The finals compete in 8-16 high ranks of the qualifier, the finals a tournament method, one-on-one game with the opponent,

Players glide in the right and left alternate course, and fast one goes on the next stage

When a player wins the championship, the player may have to do up to ten races a day.

 

4)PSL (Parallel Slalom)

In other words, it is Dual Slalom.

Of the above, slalom version of parallel GS

Recently, There are a competition and the category only for freestyle boards. There is the trend that people of the various levels layer enjoy Alpine events (gate events).

In the gate exercises society such as schools, of course we can participate with a freestyle board.

 

 


   

   

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です