ウェアラブルカメラでスピードスポーツを捉える

スピードスポーツを嗜んでいるということもあって、ウェアラブルカメラを使うことが多いです。今回はそのレビューを記事にしたいと思います。

今まで使ってきたのは、Panasonic ウェアラブルカメラ HX-A1H-Dです。

Panasonic ウェアラブルカメラ ブラック HX-A1H-K

 

アイビューカメラで撮影した動画の一例。


スノーヴァ溝の口、平バーン(一部アイテムあり)

 


ヨドバシAkibaのバッティングセンター160km/h

 

Panasonic ウェアラブルカメラ のメリットとデメリット

<メリット>

スタイリッシュ(GoProは個人的にですがチョンマゲに見えてしまう)

無線(wifi)なので身動きしやすい

安価(制御側がスマホであるため)

 

<デメリット>

バッテリー消費が激しい(カメラ、スマホともに)

撮影中でない時はwifiを切らなければならないが(バッテリー節約)、再びつなげるのに時間がかかる、面倒

カメラの位置微調整が面倒(特にヘルメット装着時)

かなり激しい動きだと外れやすい(落とした時に探しやすいのはオレンジ色)

 

次は有線のウェアラブルカメラも考えています。

 

 


   

   

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です